富士山

/ 8月 10th, 2012/ Posted in 未分類 / 富士山 はコメントを受け付けていません。

富士山は日本国内のみならず日本国外でも日本の象徴として広く知られているが、数多くの芸術作品の題材とされ、日本画では富士山が日本を象徴する意匠として位置づけられ、歌川広重や葛飾北斎などをはじめ富士山を題材にした多くの作品が海外でも評価されている。このように美術をはじめ現代では商業デザインなどに幅広く用いられ、身近な所では銭湯では富士山の絵が定番となっている。富士山は火山であるが噴火の歴史も記録されている。富士山は約1万1千年前の噴火で現在の富士山の山体である形が形成されたと言われている。そして、最後に富士山が噴火したのは1707年の宝永大噴火であり、江戸では約4cmの火山灰が降り積もったそうである。それ以降の300年にわたって噴火を起こしていない富士山は1990年代まで休火山とされていた。しかし富士山にはいまだ活発な活動が観測されたため気象庁が休火山といる区分を見直し、現在は活火山に区分されている。富士山が見える地域は観光地としても日本国内や外国人の観光客に人気のスポットである。それらの地域は、富士エリア、富士五湖エリア、伊豆エリア、甲府・笛吹エリアが代表的な地域ですが、旅行の楽しみといえば宿泊施設や飲食店、 お土産店などです。富士山への旅行を楽しんでください。


Tags:

Comments are closed.